死ぬとこでした・・前編

先週の日曜日、

合同練習をする予定だった松下さんよりメール、
「雲行きがよくないので今日は中止にしましょう!」
ええーーっ!
予報は一日中曇り。
057.gif降ってなかったら、練習やん!!


まぁ仕方ありません。
テメエで走って、泳ぎましょうか。

そんな事で急遽、近場の定番 箕面・高山ルートをバイクで登る事にしました。
阪急箕面駅のT字路、信号手前、1台のバイクがオレの前に。
すぐにバイクの品定めとふくらはぎを見てしまう悪い癖。
バイクはコルナゴ、ふくらはぎも張ってる。
「あ~速そ、千切られそう」
ちょっと弱気に。

信号が青に変わり、少し間隔を空けて着いて行く。
50メートルほど先に
関西ヒルクライムTT→箕面駅前ルートのスタート位置があり、
そこからハンドルに巻いたストップウォッチを押す。
ここからはオレ自身、他人様を意識する余裕はない。
坂道をひたすらもがいて登る。
一つ目の信号までの勾配がきつい。
コレも最近慣れてきた。
中盤に来たところでコルナゴを見上げたら、
結構重そうに踏んでいた。
ケイデンス(ペダル回転数/分)が低いのを見て、
そんなに速くはない、これなら抜ける!!
と直感した。
そこからシフトを一枚軽くし、ケイデンスを上げ、
一気に刺した。そこから信号までダンシングで登り、
千切れてくれ~!!と念じて漕いだ。
信号を過ぎて、振り返ったら30メートルは離していた。
初めて登りで刺せた。今日は調子いいかも。

箕面駅前ルートのタイムトライアルは始まったばかり。
続けてもがく。
前に自転車、ひとつ重いシフトでムリをしながら登る。
近付く→抜く・・コレを繰り返す。
箕面駅前ルートのゴールがやって来た。
自己新!!やったぜまっくす!!
この調子で走り続ける。駅前ルートまでに4人抜けた。
オレよりも遅いヤツがこんなにいるなんて、シアワセ~!!

そこから下りになったところで、後ろから来た若者に抜かれる。
いつもならI don't careなのに、今日は元来苦手な坂勝負をしようと
滝を過ぎた上り坂から仕掛け、登りでまた軽々と千切った。
どうしたの、まっくす!?

ゴールの高山到着も自己新を出して、
登りがこんなに楽しいと初めて感じた朝だった。
このあとの事の予感なんか全く感じていなかった。
[PR]

by kojimax0802 | 2010-07-07 18:02 | まっくす走るの巻