11月22日、午前9時

ついにこの時が訪れてしまった。

1990年のゴールデンウィーク
中津の交差点の植え込みに
捨てられていたキジトラの子猫はまっくすの家族の一員となり、
今日まで人生を共にしてきた。
我が家の長女・愛猫みぃちゃんが19歳と7ヶ月の寿命を終えた。
人間の年齢でみれば百歳に相当する大往生。
ぼくたち夫婦が結婚してすぐにやって来たみぃちゃんは
二匹目の猫、ちっちー(昨年5月他界)がやって来るまでの数年を
一匹で寂しく暮らし、その後の猫三匹体制の中心としてやってきた。
猫とは思えないほどの頭の良さにオレ自身絶大な信頼があった。
年老いて動きが鈍くなってからも勝気な性格は変わらず、
若いまんまのみいちゃんでいてくれた。
最期は加齢にともなう腎疾患で視力聴力を失い
かわいそうな面があったが、それでもしっかり最期まで努めてくれた。

昨日までそこにいたみぃちゃんはもういない。
三ヶ月ほど続いたみぃちゃんの介護、
昨日まで眠っていた場所に何度も目をやり、
いない事に虚しさを知る。
こんな感じで空虚な日々は暫く続くだろう。
二十年間当たり前の存在が消えたこと
それを受け入れられない僕等がいる。

ありがとうみぃちゃん。
おつかれさま。
この先、キミを忘れる事は絶対にない。
ぼく達の人生で最大の登場人物、大きな影響を与えた存在であることは、
死ぬまで変わらない。
ありがとうみぃちやん。

そっちに着いたら、先に旅立ったクロとちっちーを探してくれ、
見付かったら、あいつ等の面倒をよろしく頼む。
まぁ、それにしても暫くはゆっくりしてくれ。
目が見えない生活は大変だったろうから。

ありがとうみぃちゃん。
おまえには感謝の言葉しかないよ。
永い間、本当にありがとう。
いつか天国でまた仲良くやろう。
やすらかに、
ありがとうみぃちゃん。
c0181887_11124950.jpg
[PR]

by kojimax0802 | 2009-11-23 09:50 | ウチの猫様

それでも、みぃちゃんは頑張る

日に日に力がなくなっていくみぃちゃん。
食欲がありません。
食べないんだから弱るのは当然。
もう一生分食ったか?ミイコ?
そして、今週始めからは急に脚力が弱くなり歩けなくなってしまいました。
足の筋肉ガタ減りです。
トイレでのあの立ちション決めポーズは見れなくなりました。
いよいよオムツの出番。
ムリな延命という気持ちはありませんが、
今週からは針治療にも通い始めました。
劇的に変化は見られませんが何だかスッキリしているみたいで、
唯一の食べ物&好物ワッフルの生クリームを食されております。

今仕事が忙しく
みぃちゃんと一緒に入れる時間が少なくて、
いつもドキドキして自宅へ戻るオレ。
そんなこととっくに察しているかの様に
「なんかあった?」
みたいなノリで出迎えてくれるみぃちゃん。
さすが20年の付き合いです。
くだらん人間との付き合いよりも格段イケてます。c0181887_1216314.jpg
[PR]

by kojimax0802 | 2009-11-15 12:19 | ウチの猫様

今日のみぃちゃん

みぃちゃんは日に日に痩せ衰えてはいますが、
元気に毎日を送っています。
今日は陽のあたる場所でウトウトしています。
c0181887_14395982.jpg
[PR]

by kojimax0802 | 2009-11-08 14:40 | ウチの猫様