LIFE SIZE T3

身の丈

昨日、シルベスト溝端氏と少しお話。

「それぞれがそれぞれのスタンスで楽しめるトライアスロン、いいですね」

みぞさん談。


・・・正直、

このスポーツはお金が掛かります。

スペックを上げるにも、練習を積むにも金が掛かります。

湯水のようにあればよいのですが、

残念ながら、わたくしの場合、

自分のお小遣いから捻出しての趣味の範囲から抜け出ることはありません。

ほとんどの方がきっとそうでしょう。

それでよいのです。

自分のスタンス、自分の度量に併せて計画を立ててやればいい。

わたしも最初は51.5キロをなんとか完走できれば、

トライアスリートだと思っていました。

でもこの世界を知るにつれ、ショートはタイムを競う競技で

自分を試す競技ではないと気付きました。

視野はやがてミドル、ロングへ・・。

そうなれば離島や地方への遠征となり、

そうそう行くことは出来ません。

だから、その日を大切に迎えるには、

しっかり準備をする。

もちろん能力的にも経済的にも身の丈に併せて。


少し落ち着いてきました。

火曜日、休みを貰い

シルトラ・スピンオフ練に参加します。
c0181887_19221121.jpg
昨年のシルトラ・アワイチ練
[PR]

by kojimax0802 | 2012-04-11 19:24 | まっくす走るの巻