8/30 赤穂トライアスロン 

c0181887_15333683.jpg















長らくお待たせ致しました。
終わってから随分と経ちますが、
8月30日に行われた赤穂トライアスロンの報告です。
羽陽曲折しっ放しだったトライアスロン初挑戦までの道のり。
土壇場でマイバイクも手に入れ臨戦体制が整った。
しかし実際、練習不足は否めない状況に
以前より痛めていた坐骨神経痛の為、練習では
思うほど走れていなかった・・。

8月30日(日) 、快晴
今回、共に初挑戦で一緒に取り組んで来た倉橋さんと
赤穂海浜公園へ。
思ったより早く到着し、午前の部の熱戦が観れた。
会場の日差しは強かった。
スイムの池は思っていた以上に大きく、
距離感が長く感じられ不安が大きくなる。

受付でエントリーを済ませると
地元・赤穂の新聞社が「取材させて欲しい」とやって来て
協力していたら、
うわさのスーパーガールズの二人と出くわす。
最近、ジムでお知り合いになった。
彼女たちも初挑戦。
若くてモチベーションが高い。
ここまで来るのに2年以上かかっているオレとは月vsスッポン。
4人で記念写真を撮り、
競技説明会の後、トランジットにバイクなどをセットし、
ウエットを着て、いよいよスタート。
人工池に海水を引き込んだ水面にスタートラインになるロープが引かれ、
着水した状態からのフロートスタート。
オープンウォーター3度目になるがまだまだ不安。

ホーンの音で競技は始まった。
c0181887_1540637.jpg
















スイムは1.5キロ。
水温は高かった。
波もない。
須磨よりも泳ぎ易い。
しかし狭い中を泳いでいるので当然ぶつかる。
3種目の始めのスイムをどれくらいの力で泳いでいいものか
イマイチ分からず、無理しないペースで泳いだ。
波のない分だけ呼吸がし易すかった。
池から上り、トランジションエリアへ。
この時点で33分。
タイム的に早くはないが想定内。
が、既に倉橋サンは着替えを終えていた。
「早やっ!?」
自分も着替えてバイクを走らす。
バイクスタートラインを跨いだ時で38分台。
緊張や焦りやらで上手くペダルに力が伝わらないのがわかる。
みんなバイク速い!!
自転車買って二週間、テメエの走りがなってないのがよくわかる。
気前良く始めっから買っといたら、ちょっとマシな走りが出来てたろうに・・。
すぐにオシリが痛くなる。
「ケツ痛てェ~」
と叫びながら周回コースを8周、40キロを走る。
しっかり頑張れたのは3周目くらいまでだった。
途中、倉橋さんに抜かれ、周回遅れになる。
初めてのバイク競技ということもあり水分補給の度合いが分からず、
飲みすぎてしまった。再びトランジションエリアに戻った時、
タプタプ感を感じる。
バイク1時間28分。これも想定内。
さぁ、ココからですわ。
最後のラン10キロで挽回出来る余力はあるのか?
・・・・・
出来ませんでした。
バテてます。バテバテでした。
公園を4周、途中何度か立ち止まりました。
それでも声援を貰い、ゴールできました。
ランがホントにキツかった~。
c0181887_10584218.jpg






















記録は3時間07分22秒
目標3時間半切りに対して、まずまずの結果。
しかし、
他の3人は3時間切りを達成。
女子は二人とも入賞。
オレの頑張りは消えてしまったカンジ・・。
みなさんスゴイ!!立派です。

まぁいい、まぁいい。
オッサン、張り合ったってしょーがない。
コレでトライアスロン(オリンピック・ディスタンス)がどんなものなのか
取り敢えずわかった。
本格的な挑戦は来年。大阪・舞洲大会に出るのが目標です。
このショートカテゴリーでしっかり実績をつけて、
いつか夢の集大成へ・・
それまでに
スイムの安定、バイク慣れる事、ランの向上を・・
出来るかなァ・・・???
[PR]

by kojimax0802 | 2009-10-25 11:00 | まっくす走るの巻